ワイキキパークハイツ ベッドルーム

今回は、ワイキキパークハイツのベッドルームをご紹介します
前回泊まった時は、スーペリアルームでした
今回は予算の関係で、一番安いスタンダードルームに・・・
それでも円安+物価上昇+年末年始という事もあり・・・
前回のスーペリアルームの時よりも高い宿泊費となりました
一泊二万超えだものね~
日本なら安めの露天風呂付き客室一泊二食付きに泊まれちゃう
そう思うとホント、ハワイって物価高いな~って感じる
一人分の値段だけど
円安の時は良かったんだけど・・・


・・・というわけでグレードも落として一番安いスタンダードのお部屋にしましたが・・・



1a_convert_20150309225819.jpg
クヒオ通りにあるワイキキパークハイツ
コンドミニアムですが、ホテルとしても使われています
居住されている方もおり、フロントは日本語OK
夜にはガードマンもいて大型ホテルよりも安心な感じです

詳しくは2012年の旅行記にも書いてありますので、そちらもご覧下さい

ワイキキパークハイツは入ると左にフロントがあり・・・
右にエレベーターがあります
エレベーターの中でキーを差し込まないと動きませんのでご注意
部屋にキーを忘れると戻らなければなりませんよ~



1b_convert_20150309225835.jpg
部屋はスタンダード、スーペリア、デラックスとあり・・・
更にシティービュー、パーシャルオーシャンビュー、コーナーなどカテゴリがわかれています
選べるのは、部屋のタイプだけです(コーナーは選べます)
低階層がスタンダードになるわけですが・・・
デラックスでも高層でない部屋もあるみたいですし、階層の高さ、低さで決まっているわけではなさそう
スーペリアでもデラックスより高い階の部屋もあるみたいですしね
海の見え具合?などでも違うのでしょうね
コーナールームは広さも違うし、やはり角部屋はどのホテルでも良いですよね
スタンダードやデラックスの差ってあとは何が違うか?
キッチンの設備、ベッド幅などが違うので、もし宿泊を検討される方はその辺も調べた方が良いかも

エレベーターを降りるとマンションの廊下みたいになっています
吹きさらしなので眺めは良いですよ(山側の景色が良く見えます)
そして、部屋に入ると・・・細長い廊下が続きます
画像はリビング側からみた玄関です
一番奥に見えるのが外から入る玄関のドア
続いて見える右のドアはベッドルーム
一番手前がトイレのドアです
トイレの右にお風呂があり、トイレの前が洗面所となります
バス・トイレ別なのが良いです



1c_convert_20150309225851.jpg
こちらが、ベッドルーム
主な部屋は、1LDKのつくりになっており、3名定員と4名定員のお部屋があるようです
ベッドルームには2つベッドがあるので、基本2人
スタンダード、スーペリアはベッド小さめですから小さなお子さんでも添い寝は難しいでしょう
その場合はリビングのソファベッドを使うと良いようです



1g_convert_20150309225953.jpg
山側で日はあまり差し込みません
小さな窓があります
窓の向こうがマンションの廊下です



1d_convert_20150309225907.jpg
向きを変えて撮影
ベッドサイドにはアラームクロック、スタンドもありました
間接照明だけだったかな
部屋は全部のライトを付けても暗めです
ま~そういうところの方が多いですが


1e_convert_20150309225922.jpg
長く滞在する場合は、引き出しも沢山あるので使うと便利でしょう



1h_convert_20150309230007.jpg
全身が映る鏡



1i_convert_20150309230021.jpg
開けると、クローゼットです
服も沢山かけられるし、ハンガーもご覧の通り^^
スーツケースも入れておけます

ベッドルームに関しては、前回のスーペリアと今回のスタンダードはあまり差はありませんでした
多少家具やランプなどが違いましたが・・・
因みに、前回は14階、今回は7階の部屋
前回の金額は忘れましたが・・・まあ、今回より安かった事は確実です
今回、デラックスやコーナーは最初から頭にありませんでしたが・・・スタンダードとスーペリアどちらにするかは多少悩みました
お値段が一泊$30違ったんです・・・
三泊で$90・・・税サ込にすると$100以上違うので、スタンダードにしました
ベッドルームだけでいうとスタンダードで正解
さて、この後他にもいろいろご紹介していこうと思いますが・・・
果たして差はあるのでしょうか

続く