Honolulu Museum Of Art

絶景・クラナレストランでの朝食を終え・・・
ザ・バスに乗ってやってきたのはこちら~





G1 (a880).jpg

「ホノルル美術館」

ワイキキからもバス一本で行けて、30分とかかりません(渋滞事情によりますが)
ちなみに、無料開放の日もありますのでお金払ってまでは・・・という方はスケジュールが合えばどうぞ
また、日本語の解説などもやっていて予約なしで参加出来ます
(今回は時間の関係でパスしました)

中に入ると大きな荷物は預けます(受付で言われます)
女性のショルダーバッグ位は大丈夫ですが、大きめトートバッグなどはかも?





G1 (874).jpg

中庭
建物がぐるりと囲むようにあります
館内はエアコンがかなり効いていますので、冷えたら中庭散策などすると良いですよ

思ったよりも広くて、一巡するのに時間がかかりました
企画展などもやっているので、リピートしても良いですね





G1 (613).jpg

館内一部だけ紹介

ゆったりとした空間に美術品が並んでいます
絵画に彫刻、現代美術とジャンルもさまざま

訪れた時には、館内撮影がとなっていました
撮影不可だと思っていたら大丈夫だったので、ちょっとびっくり
ただし、フラッシュは






G1 (682).jpg

面白い展示方法
陶器などがこんな風に

バラエティーに富んでいるので飽きません
椅子もあちこちあるので、ゆっくり楽しめます





G1 (669).jpg

モネの絵もあった~
驚きなのは、係員もいない事
大抵、部屋にいますよね?どんな輩が悪さするかわからないし・・・
もちろんビデオカメラはあったけれど・・・
誰もいないので、心おきなくおしゃべりしながら見学できました
(部屋に他の人もいなかったのよ~)





G1 (826).jpg

「シャングリ ラ」
実はこのコーナーは、午後行きました
何故なら・・・
ホノルル美術館で予約した「シャングリラ」見学ツアーに参加する為
早めに美術館に到着し、館内を周りましたが予約時間までに一巡できませんでした
このコーナーがあるなら先にここを見ておけばよかったかな?

シャングリラは、ラッキーストライクなどで知られる、アメリカのタバコ会社の令嬢がハワイの別荘として建てた豪邸です
住所などは非公開
お金に糸目をつけずつくられた、目を見張る豪邸・・・それが「シャングリラ」です

ホノルル美術館のこのコーナーには、シャングリラに飾られていた調度品なども展示されています
また、ビデオによる解説もあります
(ちなみに、ツアー参加者は豪邸訪問の前に日本語版のビデオ見ますけどね)

お昼頃・・・
楽しみにしていたツアーの時間です
詳しくは次号